物件売買とは、通常いらなくなった物件、転勤で今の物件がいらなくなった、ちがう場所に移りたい
ローンの支払いがきつくなったので・・・・・・・さまざまな御用件に対して弊社はすこしでも
お客様有利になるように考え行動します。
通常売買に加えて最近では任意売却が増えてきています。
そこで任意売却とは何かすこしお話しします。
任意売却とは、住宅ローンなど返済が難しくなってしまった場合、各金融機関と合意の基で、抵当権の
解除を行う事で、融資対象不動産を処分する時のための手続きのことです。

通常、抵当権を解除するには、融資金の残額を返済します。
一般的な不動産売却を行って住宅ローンの残高よりも高く売れることは、まれで通常売却資金で残債を
返済しても、売却価格が住宅ローン残高を下回る場合がほとんどで、残債全額を完済することができな
いので抵当権の解除はしてもらえません。

そのような場合に、前もって抵当権者の合意を得て不動産を売却します、返済しきれなかった債務を残
したままで抵当権等を解除してもらう行為が「任意売却」なのです。
もっと詳しく知りたい方は▶▶こちらをご覧ください。